靴の街 浅草のご紹介

靴の街 浅草

浅草は「靴の町」として繁盛を極めた時代があり、今でも地場産業として活躍しています。その答えは、明治・大正・昭和と日本の歩んできた歴史にあるようです。
このコラムは、現台東区産業研修センターの指導技術員と、皮革産業資料館の副館長を務める、 稲川實氏の著書からの抜粋と、山川暁氏のニッポン靴物語からの抜粋となります。
関係資料は、「西洋靴事始め」( 稲川實著)からの抜粋となります。