Skip to content Skip to footer

モーダペレ

1978年創業の婦人靴メーカーで、型紙から素材、製造工程に至るまで、とことんこだわりぬいたバランスの良い靴を供給実用品という視点だけでなく、ファッションとしても優れていて、幾重にも『付加価値』が作用する靴づくりに努めている。山崎社長の下、常に妥協のない商品開発を続けていて、普通のパンプスにはない特殊な機能を備えた靴も開発している。

『KIZENT(キゼント)』は、重心が安定するような設計と『静電気防止機能ノンスタ』が装備

近日販売開始予定のプライベートブランド『KIZENT(キゼント)』では、重心が安定するような設計と『静電気防止機能ノンスタ』を使用した放電機能を装備。機能性と、デザイン性を併せ持つ高機能パンプスを展開する。

この『静電気防止機能ノンスタ』は特許を取得している技術…。ノンスタとは(一部HPより抜粋)人の身体に帯びた静電気が帯電しないようにする足底のこと。通常は身体の外に靴を通して放電することはできないが、このノンスタ足底を使用すれば、地面に滞留電気が放出される。この事によって、体調不良や気分の悪さを軽減することが可能(静電気がそのような原因を起こすことが知られています)。

この機能を含めたシューズ『KIZENT(キゼント)』のコンセプトは、『自分を信じ、自分の世界観を愛する。そして自分の足でしっかり歩んでいく。毅然と。』…。これは、時代や流行に流されずキゼント存在する人間、そうなりたいと願うすべての人へのメッセージ…。飽きのこない普遍的なデザインをもとにエッジを効かせつつ、これまでにない履き心地を生み出す製法で作られたオールインワンシューズ。シーンを選ばず、デイリーからフォーマルまで様々なシーンで使用可能なユーティリティだ。

先にも述べたように、KIZENTは機能に優れていながら、デザインも美しいフォルムを追及…。デザイナーが描いたデザインのフォルムを、そのまま生かした木型をつくる。これは簡単そうに聞こえるが、かなり難しい作業で、優れた技術を必要とすること…。履きやすさとオシャレを兼ね備えた一足は実は意外と少ないのだが、KIZENTではその両方を兼備したシューズを完成させた。

またOEM生産においても、自分たちメーカー側からクライアント側にデザインや木型を提案するなど、通常とは逆の提案パターンにも自信をもって対応している。OEMでは相手先の要望が強く出るので、通常はメーカー側がデザイン案を提案することはほとんどない。モーダペレが、型紙、木型、デザインまで提案できるのは確固たる信用の証…。そしてこの事実が同社を成長させ、実績としての歴史を刻んできたのだ。
扱う素材についても大きなこだわりをもって選定…。上質なカーフレザーをはじめ底材に至るまで、使用状況に最も適した素材を用いる。歴史と経験をいかして、木型、型紙、素材に至るまで徹底的にこだわりぬいた製品をお客様に提供しているメーカーなのだ。

>> 会社情報、問い合わせ先はコチラをご覧ください